ご予約はこちら

language

日本湯小屋物語とは

一緒になって語り合い家族の思い出を作るお風呂の店

日本湯小屋物語は家族温泉発祥の地、日当山温泉郷で最も老舗の家族温泉施設です。
お風呂は家族風情風呂枕草子4部屋、家族滑稽風呂お伽草子7部屋、合計11部屋からなっています。
「家族が一緒になってお風呂につかり語り合う事が人生最高の幸せである」この思いが形になり
昭和46年に初代 岡元壮が創業いたしました。
創業時からの「一緒になって語り合い家族の思い出を作るお風呂の店」という思いを実現し
お客様の暮らしを豊かにしていきたいと我々は考えております。

源泉について

温泉は大地の恵みであるとともに大切な限りある資源でございます。
日本湯小屋物語の11のお風呂は、自然の恵みそのままにすべて自家源泉かけ流しでございます。

日本湯小屋物語のあらすじ

1971年(昭和46年)

初代、岡元 壮が家族湯発祥の地、日当山温泉郷で初めての家族温泉施設
「家族湯一番」を開業

1987年(昭和63年)

2代目 岡元 克幸が店舗を引き継ぐ
店舗をリニューアルオープン

2007年(平成19年)

2代目 岡元 克幸が33年務めた霧島市役所を定年退職

2008年(平成20年)

日当山温泉郷再興の為、日当山で初めて内風呂と露天風呂付きの4部屋からなる
「お伽噺」がテーマの貸切家族風呂「家族滑稽風呂 お伽草子」をオープン

2011年(平成23年)

創業40周年 一般家族風呂をリニューアル
店舗名を「湯癒の杜 日本湯小屋物語」に改名

2012年(平成24年)

4部屋からなる「四季」がテーマの貸切家族風呂「家族風情風呂 枕草子」をオープン

2017年(平成29年)

家族湯発祥の地、日当山温泉郷で初めてすべり台付きの家族風呂2部屋と
内風呂と露天風呂付きの家族風呂1部屋を増設

2018年(平成30年)

「鹿児島の温泉を面白くする」をビジョンに掲げ
(株)ゆごやリゾートとして法人化

2021年(令和3年)

創業50周年